貸部屋案内

函館湾を見下ろしながら、豪商の居室でくつろいでみませんか?

国指定重要文化財 旧相馬家住宅は、函館の人気観光地「元町・函館山エリア」にあります。
大正、昭和初期に全国で40番以内の資産家にランクされた豪商の私邸です。邸宅の居室をお茶会などでご利用いただき、函館商人の心意気を感じつつ、ゆったりと優雅な時間をお過ごしください。

貸部屋

少人数の集会・お茶会に-貸部屋のご案内

贅沢な眺望と洗練された調度品に囲まれて、特別なひとときを

旧相馬家住宅は函館市街を見渡す高台にあり、函館湾や晴天の日には駒ケ岳も眺められます。
豪商であると同時に篤志家でもあった相馬哲平の郷土報恩の精神と函館商人の志が宿る邸宅内のうち、1階の「三代目哲平の居室」と「カフェ元町」、2階にある「港を見下ろす間」の3室を貸部屋としてご利用いただけます。居室によっては、美しく手入れされた庭、旧イギリス領事館、相馬哲平氏ゆかりの相馬株式会社社屋などを見下ろせます。明治35年創業の老舗であり「ミシュランガイド北海道2017特別版」に掲載された「阿さ利精肉店」のお弁当や、女性に大人気の「Cafe&Deli MARUSEN(マルセン)」のランチなどをご堪能いただけます。

三代目哲平の居室

三代目哲平の居室

1階 和室8畳 10名まで
3,000円 / 1時間

初代 相馬哲平は郷土報恩の精神により、函館公会堂建設資金(現在の旧函館区公会堂)など、多くの寄付を行った人物です。三代目 相馬哲平は二代目相馬哲平の遺言により相馬報恩会を設立して、初代の意思を受け継ぎました。
その三代目の居室は、美しい床の間に掛け軸や花瓶が置かれ、随所に職人の技を感じさせる和室。ガラス障子のすぐ外には良く手入れされた庭園が広がり、その向こうには函館湾を眺められ、心地よい時間を過ごすことができます。

港を見下ろす間

港を見下ろす間

2階 和室8畳+6畳 15名まで
4,000円 / 1時間

2階の和室も、職人の技が光る座敷となっております。床の間には松前藩九代藩主である松前章広(1775~1833)の「薄氷の張る夜は特に心せよ飼馬の桶」と書かれた達筆な掛け軸など、趣のあるしつらえ・調度品は見ごたえがあります。
2階ということもあり、ガラス障子からは、旧イギリス領事館の屋根、初代 相馬哲平が興した相馬株式会社の社屋、函館湾、函館中心部の様子、遠くには駒ケ岳など、四季折々に変化する景観をお楽しみいただけます。

カフェ元町

カフェ元町

1F 20名まで
5,000円 / 1時間

五代目 相馬哲平夫妻が居住した部屋で、現代生活に即した椅子座(洋室)、座卓(和室)からなる空間です。
ご入館者様への歓待のため、現代表のコレクションであるシャガールの絵画、リアドロの磁器人形等を配し、気品が感じられるカフェです。
コーヒーやお抹茶をサ―ビスでお楽しみいただけますので、室内の調度品や窓からの見晴しで、ゆったりとした時間をお過ごしください。さらに貸し切りの部屋としてもご利用可能です。

取り寄せのお食事

取り寄せのお食事

「阿さ利」すき焼き弁当(コーヒー付) 2,500円
「Cafe&Deli MARUSEN(まるせん)」
シナモン入り自家製パンランチ(ライス可)1,500円

函館のグルメ情報でいつも取り上げられている人気店のお食事をお取り寄せできます。お茶会や勉強会でお集りの方々にとって、素晴らしい景観を眺めながら味わうお食事で、特別な記憶として残していただければ幸いです。
貸部屋が主目的のお取り寄せのお食事のほか、カフェ元町では、「阿さ利精肉店の人気弁当+入館料プラン」「仕出し風の特製『函館弁当』+入場料プラン」(お吸物と食後のコーヒーまたはアロニアジュース付き)をご用意しております。
※ 事前にご予約ください

貸部屋 一覧 1階三代目哲平の居室(和室8畳) 10名まで 3,000円 / 1時間
2階港を見下ろす間(和室8畳+6畳) 15名まで 4,000円 / 1時間
カフェ元町 20名まで 5,000円 / 1時間
取り寄せお食事 「阿さ利」すき焼き弁当(コーヒー付) 2,500円
「Cafe&Deli MARUSEN(まるせん)」
シナモン入り自家製パンランチ(ライス可)
1,500円
【貸部屋ご利用時の注意事項】

ご予約はTEL0138-26-1560へ