旧相馬家住宅の歴史

北海道屈指の豪商で篤志家
 初代 相馬哲平の私邸の歴史

教会群・史跡が立ち並び人気のある函館市伝統的建造物群保存地区の西側にある「国指定重要文化財 旧相馬家住宅」は、北海道屈指の豪商であり、篤志家として函館に多大な貢献をした初代 相馬哲平の私邸です。一級建材を使用した邸宅は、約100年以上の時を経てなお、見事な職人の技と意匠、気品ただよう歴史的建造物であり、2018年には国の重要文化財に指定されました。