ご利用案内

「国指定重要文化財 旧相馬家住宅」の見学やご利用について

函館市伝統的建造物群保存地区の西側、眼下には旧イギリス領事館と函館港をのぞむ高台に静かに佇む旧相馬家住宅。明治時代の末期に函館の礎を築き、2018年からは国指定重要文化財となった旧相馬家住宅が、当時の風情そのままに皆様をお迎えします。
ご利用案内に関する基本情報をご覧のうえ、非日常空間をお楽しみください。

開館時間・休館日 4月・11月      
10:00~16:00 / 毎週木曜日 休館
5月~10月      
9:30~16:30 / 毎週木曜日 休館
12月~3月      
冬期閉館
入館料 一般の方       
4月~10月 800円 / 11月以降 1,000円
高校生        
500円
中学生以下      
300円
80歳以上の方・身体障碍者カードをご提示の方      
4月~10月 700円 / 11月以降 800円
  • 上記料金には歴史回廊の入館料を含みます。
  • 団体の方の入館料はご相談ください。
  • ご入館の方には最後の当主の居室だったカフエにて、焙煎引き立てコーヒーか抹茶をサ―ビスいたしております。函館の港を眼下に憩いのひとときをお楽しみください。
割引 「どうなんアートリンク」(「アートギャラリー北海道」連携施設における割引)
  • 連携施設券ご持参で100円割引になります。

【連携施設名】
・江差町:江差追分会館、江差山車開館、開陽丸記念館
・凾館市:道立凾館美術館(特別展)、旧相馬家住宅

【期間・対象】
2019年4月1日から2020年3月21日までの日付印のある利用施設館の利用半券提示者
(道立凾館美術館は特別展の入館半券です)
音声ガイド 館内ご見学の方には、軽くて簡単な音声ガイド機を無料で貸し出しいたします。
音声ガイド機は、日本語の他、英語・中国語・台湾語・韓国語もご用意しております。

  • 手話などの説明をご希望の方は、事前にお電話・FAXでご相談ください。
パンフレット 英語、中国語、台湾語、韓国語のパンフレットがございます。
There are English-language brochure. 有中文的小册子。